ニュース

ビート、国内最初のソーシャルメディア特化サイト 「ソーシャルネットワーキング.jp」を原田和英氏より譲受 ~サイトリニューアルを行い、本日10月21日より本格運用開始~


ビートコミュニケーションは、2004年に国内で最初に立ち上がったソーシャルメディアに関する情報を発信する「ソーシャルネットワーキング.jp」を譲り受け、本日より運営を開始します。

 エンタープライズ向けソーシャルネットワークのリーディングカンパニー株式会社Beat Communication(本社:東京都渋谷区、代表取締役:村井亮、以下 ビートコミュニケーション)は、2004年9月に国内で最初に立ち上がったソーシャルメディアに関する情報を発信する「ソーシャルネットワーキング.jp」(http://www.socialnetworking.jp/)を原田和英氏から譲り受け、本日より運営を開始します。

ソーシャルネットワーキング.jpは、ソーシャルの第一人者である原田和英氏が立ち上げたソーシャルメディアに関する情報を扱う専門ニュースサイトで、このたび、原田和英氏からビートコミュニケーションへ譲渡されました。ビートコミュニケーション代表の村井亮氏によれば、「ソーシャルネットワーキング.jpは世界中に散らばった最新のソーシャル情報を紹介してきました。今後はこのメディアを通じて、エンタープライズソーシャルやソーシャルメディアが今後どのような方向に向かっていくのかのビジョンを共有していきたい。また、ソーシャルテクノロジーのおける独自のニュースを配信していくことでビジネスソーシャルの世界を一人でも多くの方に知ってもらいたい」と話す。
 



ソーシャルネットワーキング.jpの記事投稿は、ナレッジマネジメントの第一人者でソーシャル関連の書籍を数多く、出版されている日本ナレッジマネジメント学会 専務理事、山崎秀夫氏(やまざきひでお)にメインライターにお願いしています。山崎氏はネットコミュニティ論、ソーシャルネットワーキング研究などが専門で著書に「ソーシャル・ネットワーク・マーケティング 21世紀型」などがあります。

エンタープライズソーシャルについて、山崎氏は「スマートフォンやタブレットの生活者への普及に伴うライフスタイルやワークスタイルの変化がエンタープライズソーシャルに対して大きな影響を与えてくると考えています。今後は、消費財機器だけでなく医療機械、産業機械、航空機など生産財機器がネットに繋がるモノのインターネット時代が来るなかで、第三次産業革命と呼ばれている創造の経済を切り開く新しいソーシャルメディアの形が求められるでしょう。」と語っています。

また、山崎氏は近い将来、企業の中でも、ひとり一台のパソコンを持つのではなく複数のスマートデバイス(情報機器)を持つ時代がやってくるとも予測しています。それらを踏まえた上でソーシャルネットワーキング.jpではソーシャルに関する最先端の情報を配信していきたいと考えています。なお、フェースブック上でも本日よりサイトと連携した新サイトが開始します。(https://www.facebook.com/socialnetworking.jp) 

山崎 秀夫氏  (日本ナレッジマネジメント学会 専務理事)
<専門領域>情報戦略論、情報組織論、情報分析論、ナレッジマネジメント、ネットコミュニティ論、ソーシャルメディアマーケティング論、ソーシャルネットワーキング研究。
<主な著書>「ナレッジ経営」(野村総研出版)日本ナレッジマネジメント学会 研究奨励賞、「ソーシャル・ネットワーク・マーケティング」(ソフトバンク出版)、「SNSマーケティング入門」(インプレスR&D)、「ネット広告がテレビCMを超える日」(マイコミ新書)、「スマートテレビで何ができるか」(翔泳社)、「ゼロから学ぶスマート革命」(中央経済社)

ソーシャルネットワーキング.jp(http://www.socialnetworking.jp)ライター募集
ソーシャルテクノロジーに関する詳しい知識を有した専門家ライター、ブロガーを募集します。応募希望の方は、以下のメールアドレス宛へ経歴等を発送お願いします。お応募:recruit@beat.co.jp

原田 和英氏 (https://twitter.com/kazuhide
慶應義塾大学卒。米系コンサルティング会社や複数のIT会社を経て、現在はベンチャー企業にてマーケティング業務に従事。専門領域は「ソーシャルメディア研究」。主な著書に「巨大人脈SNSのチカラ(朝日新書)」など。参照: 「出会いで日本を良くしたい」 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0504/27/news051.html