導入事例

株式会社バルス

クリエイティブ集団の働きやすい職場づくり

企業概要

URL
本社所在地
東京都渋谷区神宮前
業種
流通/小売
選定理由
モバイル対応実績
女性スタッフに使いやすいユーザーインターフェース
自社の業務や利用目的に合ったカスタマイズが容易
利用製品
Beat Office
ユーザ数
約2,200名(アルバイト、契約社員含む)

目的

・本社と店舗間の円滑な情報共有
・社員にとって働きやすく、働きがいのある職場をつくる
・全社員に企業理念を浸透する

導入背景

株式会社バルス(以下、バルス)では2010年2月に、Francfrancを始め5つのリテールブランドを国内外132店舗運営し、アジアに向けた出展を進めると共に、国内でも路面店出展に注力している。

そして、社内コミュニケーションの促進と福利厚生の観点から、働きやすい、働きがいのある職場環境を実現する仕組みづくりを検討していた。社内コミュニケーションの促進という観点からは、正社員、契約社員、アルバイトなど異なった立場の人間同士では、表面的な人間関係にとどまり、社内のネットワークが構築されていなかった。一方、福利厚生からの観点では、全国140店舗で働く全社員に対し、物理的なサービスを提供することは厳しいが、コミュニケーションの場を提供することによって、社員自らが働きやすく、働きがいのある職場に作り変えていくことで、福利厚生を充実することができると考えたからである。そこで、検討の段階で、職種、性別、時間、場所を超えて、社員が自由にコミュニケーションを図れる「場」の提供が効果的であるとの考えから、社内SNS「Beat Office」を新しい情報基盤として選定した。

導入効果

主に活用されている機能はコミュニティである。全国に広がる各店舗にコミュニティを立ち上げて、本社と店舗間の情報伝達を密に行うことにより、店舗が本社(または本社が支店)からの情報をタイムリーに取得できるようになった。コミュニケーションの活性化だけではなく、取扱い製品ごとのコミュニティを通して、各製品がどういう思想・考えのもとに企画、製造されたのかというより詳細な情報が掲載され、セールストークの媒体として利用されている。

社内SNS導入以前では、商品の動向や顧客満足度調査を実施後、商品部門へフィードバックを重ねていたが、社内SNS導入後には、店舗スタッフが現場で掴んだ顧客ニーズを自発的にリアルタイムに伝播することがあり、商品開発にも活かされている。